MENU

【PHP基礎】変数の基本ルール

プログラミングの重要な概念に「変数」があります。
変数とは、データの入れ物です。

「$」記号をつけることで、変数を定義します。

「$変数名 = 値;」

上記の式で、様々な値を変数に入れることが出来ます。
プログラミングの「=」は、右辺を左辺に代入する意味です。

変数を使う大きなメリットは下記の2つ。

  1. データに名前を付けることで、そのデータが何を表しているかわかりやすくなる。
  2. 複数回使うデータを1つの変数に入れることで、変更も1箇所ですむ。

変数名は自由ですが、ルールがいくつかあります。

  • 英単語を使う→例:$message
  • 2語以上は大文字で区切る→例:$fileName

ダメな例は

  • 数字始まり→例:$1name
  • 何を表しているのかわからない→例:$a

日本語も使用できません。

読みやすいコードにするために、変数名から内容が想像できる名前が良いです。

<?php
    $fruit='バナナ';
    echo $fruit; //結果:バナナ
  ?>
<?php
    $sum = 5+4;
    echo $sum; //結果:9
  ?>
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる