MENU

【PHP基礎】戻り値

関数で値を「返す」ことを戻り値と呼びます。

関数を実行した結果、その関数実行部分が戻り値に変わるイメージです。
戻り値は「return」で指定します。

//関数getBallSizeを定義する
function getBallSize($radius) {
return $radius * $radius * 3;
}
    
// 関数getBallSizeを呼び出して、戻り値を変数$ballsizeに代入する
$ballsize = getBallSize(5);
    
//$ballsizeをecho
echo $ballsize;
//結果:75
    
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる