MENU

【PHP基礎】問い合わせフォームの作成

フォームを作りたい時は、HTMLの<form>タグを使います。

action属性にデータを渡すURLを、method属性に「get」か「post」を指定します。

get:送信される値がURLに表示
post:送信される値はURLに表示されない

テキストボックスにはHTMLの<input type=”text”>を使います。

name属性は入力された値を、取得するときに使います。
ここでは、後にフォームのデータを受け取るときに使用します。

改行を含む文章のためのテキストボックスには、HTML<textarea>タグを用います。

<input>タグと同様、name属性に入力値を取得するときに使う名前を指定。

<input>タグは閉じタグ不要。
<textarea>タグは閉じタグが必要。

送信ボタンをには<input type=”submit”>を使います。
value属性の指定値が、ボタンに表示されます。

目次

フォームのデータを受け取る。

フォームで送信した値を受け取るために「$_POST」を使用します。

「$_POST」は連想配列で[ ]の中に<input>と<textarea>のname属性に指定した値を入れることで、送信した値を受け取れます。

<form method="post" action="sent.php">
<div class="form-contents">お名前</div>
<input type="text" name="name">

<div class="form-contents">お問い合わせ内容</div>
<textarea name="body"></textarea>

<input type="submit" value="送信">
        
</form>

入力された値を、actionで指定したURL(sent.php)にわたす。

<div class="thanks-message">お問い合わせいただきありがとうございます。</div>
<div class="display-contact">

<div class="form-title">入力内容</div>

<div class="form-contents">お名前</div>
<?php echo $_POST['name']; ?>
//入力された名前が表示される
<div class="form-contents">お問い合わせ内容</div>
<?php echo $_POST['body']; ?>
//入力された問い合わせ内容が表示される

</div>
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる